留学費用の貯金のためにリゾートキャバクラ

契約社員としてOLで働いてましたが、大学時代の奨学金を返済するだけで、夢も希望もない都会暮らしに嫌気がさして奨学金の返済が終わった時に退職して、沖縄の実家でのんびりしてました。

沖縄の実家で過ごしているうちに、海外への留学の夢を持つようになり、留学費用を稼ぐために高額の求人バイトを探して、宮古島のキャバクラで、リゾートバイトをすることにしました。

テレビのドラマのキャバ嬢のイメージがついていて、私に務まるか不安でしたが応募したら簡単に採用されて、いつから働けるのか聞かれたので、「いつからでも働けます。」と伝えました。

沖縄本島から宮古島と比較的近い距離だったので1週間後から来てほしいと言われて、少し驚きましたが早くお金を貯めたかったので働き始めました。

ちょっとした説明を受けた後に、すぐに接客することができました。

いろんなお客さんの話を聞いて、お酒を付き合って飲んでるだけであっという間に5時間が過ぎて終わりました。

一緒に働いている女のコも優しい人が多くて、すごく居心地のいいお店で、何よりお酒を飲むのが好きだったので、夢のような職場でした。

留学資金が貯まって辞めましたが、日本に戻ってきたらまた働きたいです。