宮古島で充実した生活を送っています。

東洋一キレイな海といわれる宮古島のキャバクラでキャバ嬢になって1年が過ぎました。

私がこの場所でキャバ嬢になろうと決めたのは、

旅行で訪れたときに見た夕日がとっても美しくてここに住みたいと思ったからです。

以前は名古屋市でOLをしていましたが、

毎日上司からパワハラを受ける日々で生きていくのさえ辛かったです。

そんな傷ついた心を癒すために訪れた宮古島で過ごした2日間は天国とさえ感じました。

このままここに住むにはどうしたらいいかと求人誌を見ている時に目に留まったのが

キャバクラのアルバイト募集記事で、すぐにお店に電話をしました。

キャバ嬢をやったこともなくて不安な気持ちが一杯でしたが、

インターネットでキャバ嬢の仕事のHow To記事を片っ端から調べて読み漁りました。

出勤初日は緊張でガチガチでしたが、

お客様がおおらかで明るく楽しい人たちばかりだったので閉店近くにはすっかり打ち解けていました。

少しはキャバ嬢っぽさが身に付いて接客が楽しく満喫しています。

休みの日は同じ店の女のコとバーベキューやダイビングをして

こんなにハッピーな人生を送れるなんて夢にも思っていませんでした。