宮古島でキャバクラ3周年を迎えることに感謝

宮古島でキャバクラを開店してからもうすぐ3年目に突入します!

伊良部大橋ができてから宮古島は大きく環境が変化していったと思います。

伊良部大橋ができたことでリゾートホテルも数多く建設され、下地空港も完成しました。

空の便が増えたことで本州から観光客が増え、海はフェリーで海外の観光客が増えました。

観光のお客様が増えると同時に建築関係の方やホテルで働く人、県内外から宮古島に移住して飲食店やお土産物屋さんで働く人たちなど、ここ数年で宮古島に訪れる人が指数関数的に増えました。

一時は賃貸物件がなく、引っ越しできる部屋がなく、また新しく借りられる部屋もなかったりと、不便な時期もありましたが、宮古島が活気溢れる島になるということは、とても嬉しく思います。

今は多くの賃貸物件が完成し、選べるほどになりました。

今後も多くの物件が完成していくので、不自由なく物件を選ぶことができるので、とても楽しみです。

またたくさんの飲食店も増えて外食する楽しみも増えました。

個人的ではありますが、お刺身が好きなので、鰓呼吸さんができて感動しています。

今では当たり前になりましたが、ドン・キホーテができたときも、嬉しくてワクワクしました。

次はどんな新しいお店が宮古島にやってくるのか、とても楽しみです。

これからもどんどん宮古島が栄えて便利になっていき、宮古島に住む人たちが豊かに暮らしていけたらいいなと心から思っています。

宮古島は観光スポットもたくさんあり、観光協会さんのHPを見ながら、どこへ行こうかなと考えるのも楽しいです。

宮古島観光協会HPには「宮古島観光時の注意点」というページがあるのですが、「カツオノエボシ発生情報」という記事があり、初めて「カツオノエボシ」という生物を知りました。

【2019,8,26現在】与那覇前浜ビーチにて現在、カツオノエボシが海岸に打ち上げられております。

カツオノエボシは強力な毒を持っており、刺されると鋭い痛みが走ります。浜に打ち上げられ死んでいても、その毒性は生きていますので危険です。触ったり、誤って踏まないよう十分にご注意ください。

(特に浜に打ち上げられたカツオノエボシは鮮やかなブルーをしており、見た目が綺麗です。ついお子さまが触ってしまうことのないようご注意ください。)

※海で泳ぐ際は、なるべく肌の露出を避け、ウェットスーツやラッシュガード、長袖のシャツなどを着用するようにしてください。

(引用元:「宮古島観光協会HP」https://miyako-guide.net/)

強力な毒を持っているそうで、刺されると大変、危険だそう。

ただ記事は2019年の投稿なので今年は大丈夫そうですが、見かけたら触らないよう注意しなければなりません。

宮古島といえばマンゴーが有名ですが、マンゴー以外もたくさんおいしいものがあります。

石垣牛が有名ですが、宮古牛も負けず劣らず、絶品です。

最近では宮古牛が食べられる飲食店も増えてきているので、全国的に宮古牛のおいしさが広がるといいなと思います。

また宮古島で取れるモズクも絶品で、個人的には塩抜きしたモズクをめんつゆで食べるのが大好きです。

ホテルや住居・飲食店など、様々な産業が増えて豊かになっていく宮古島ですが、今の東洋一キレイと言われているエメラルドグリーンに輝く海のキレイさも守っていきたいと思っています。

自然と経済が共生していけるように、今すぐには思いつきませんが、社会に貢献できるような活動もしていきたいと考えています。

とても大きく変化している宮古島ですが、夜の街にバーやキャバクラも劇的に増えています。

クラブティアラもその中の1店舗に入るのですが、数多いキャバクラの中でも当店を選んでご来店されるお客様にとても感謝しています。

宮古島に何か恩返しができるような取り組みができるお店にしていけたらいいなと思います。

もうすぐ3年目に突入しますが、これからも多くのお客様に楽しんでいただけるような、お店作りに励んでいきたいと思っております。

至らぬ点も多々ございますが、3年目も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。