宮古島のキャバクラ生活にハマりました。

友だちに誘われて、宮古島のキャバクラでリゾートバイトをすることになりました。

キャバ嬢になって煌びやかな衣装をきてメイクをしたいという憧れがあったので、

最初は気楽な気持ちで応募したのですが、

採用されてから都内のようなキャバクラとは違っていたらどうしようという不安がわいてきました。

しかし実際に店舗を見てみると、都会並みのお洒落な内装で、落ち付いた雰囲気が漂っていたので安心しました。

キャバクラといえば、騒がしいものから穏やかなものまで店舗によって雰囲気が異なりますが、

宮古島のキャバクラは上品な感じの店舗だと感じました。

客層も宮古島を観光で訪れ男性も多く、地元の方もたくさんいて、いろんな人と出会えて良かったです。

接客に関しても不安がありましたが、

同じ寮で仲良くなったリゾキャバで来ている女のコに相談したりして、安心して働けました。

リゾキャバだからなのか、ノルマなどもなく、接客だけを楽しくすればいいので、気を楽にして働けました。

なんだか楽しく働けたのでお客様ともお友達になり、出勤前にご飯に行ったりしてとても楽しく過ごせました。

用事があったので一度、本州へ戻ってきましたが、今では部屋を引き払って宮古島に住もうかと考えています。