このお店で働けてテンションが上がりました。

私は夏休みを利用して宮古島のキャバクラでバイトをすることにしました。

きっかけは都内のキャバクラで働くほど大変そうでないし、それでいてお金ももらえるからです。

とはいえ、行ってみるまで不安はありました。その一つが行ってみたら田舎すぎて店も汚かったらどうしようということです。

私は虫が嫌なのでそれも心配でした。お金は欲しいけど、我慢できなかったらやめようと思っていました。

しかし、実際に宮古島に行ってみてお店に行った瞬間、その不安は吹っ飛びました。

都内のクラブのようなオシャレな内装で、ここが宮古島だということも完全に忘れてしまいました。

お客さんに非日常感を味わってもらうためにも内装には気を遣っているそうです。

働く側としてもとてもテンションが上がりました。

店がオープンすると照明もいい感じで、さらに楽しい気分になりました。

その気分のまま接客したらお客さんとも盛りあがれ、ここで働けて良かったなと思いました。